「蓄熱式」ではコンクリートを蓄熱体としています。
  基礎構造により配管の埋設位置が異なります。
  このページでご確認ください。



  



☆建物の性能(気密性・断熱性)を最大限に活かすのが「蓄熱型床暖房」です
☆熱源はガス・石油・薪・電気など、お湯が作れればなんでもOKです
☆電気(ヒートポンプ)仕様の場合、
温水冷水タイプにすれば夏は「床冷房」となります
☆暖冷房光熱費は「建物性能」と蓄熱式により大きな差が出ます

















(RC構造の場合)





(平面位置関係)